おもちゃと知育の総合情報サイト

おもちゃが子どもの知育に与える影響

おもちゃは子どもの知育にどのような影響を与えるのか

視覚は、人間に与える情報の大半を占めます。 早期教育で視覚を制することは、子どもの発育を考える上で非常に大きな意味を持つと言えます。 では、その大切な視覚を、おもちゃでどう育てればいいのでしょうか。 ここでは、視覚とおもちゃの関係について考えていきます。

子どもの視覚を育てるおもちゃ

皆さんは、子ども時代にどのようなおもちゃで遊びましたか。

昔は、子どものおもちゃというと、積み木・パズル・おままごとセットなど、その選択肢は限られていました。
しかし最近では、「知育」をうたった、より複雑なおもちゃが増えてきているようです。

「知育」とは、子どもの知能を育てる教育のことです。
知能を育てるには、子どもの五感により上質な刺激を与え、育つための材料をインプットしていく必要があります。

人体における五感には優先度があり、まず最初に視覚、次に聴覚、その他の味覚・嗅覚・触覚が横並びになっています。このうち、おもちゃで育てられるのは視覚・聴覚・触覚の3つです。

知育には、五感の優先度を考えたおもちゃを与える必要がありそうですが、そこには、意外なバランス感覚があります。一番優先度が高いのは視覚なのですが、実は聴覚・触覚の方が、おもちゃで育てられる伸びしろが高いのです。

音楽家の教育に見られるように、聴覚は早期教育によってその後の人生に大きな差が出てきます。特に、4歳以下でどれだけ聴覚を伸ばすかが重要なので、おもちゃが聴覚に与える影響はかなり大きいと思った方がいいでしょう。

一方、触覚は、視覚や聴覚に問題が生じたとき、代わりとなって働いてくれます。視覚障害をお持ちの方の中には、触覚を研ぎ澄ますことによって職を得て、立派に生計を立てていらっしゃる方も少なくありません。子どもの将来を考え、触覚もしっかりと育てておく必要があります。では、その触覚をおもちゃでどのように育てればいいのかを考えていきましょう。

おもちゃが与える聴覚への影響について

聴覚は視覚に次いで五感の優先度が高い感覚です。 つまり、視覚と同時に、聴覚を育てていくことが知育にとって有効と言えそうです。 実は、聴覚は早期教育の中で最も伸びしろが大きいと言われている感覚です。 おもちゃで聴覚を伸ばすには、どうしたらいいのでしょうか。

意外と侮れないおもちゃが与える触覚の刺激

触覚は、五感の中でも後回しにされやすい感覚ですが、視覚や聴覚に問題が生じた場合、真っ先にその代わりとして働いてくれます。 早期教育としても、将来のリスクヘッジとしても育てておきたい触覚を、おもちゃでどうやったら伸ばすことができるのか、ここでは考えていきます。